16時間の空腹タイムで体をリセットする一週間をスタートさせました

昨日から、体と心をリセットさせる一週間をスタートさせています。

体のリセットとして、昨日からモーニングドリンクを白湯に換えました。

白湯のいいところは、なんといってもすぐに作れるところでしょう。

材料は水だけ。

水だけだから、おいしい水にはこだわっています。

我が家では、ヴィーガンカフェ天使の時間でも使っている浄水器「瑞葉」を装着しています。

これ、シンプルな構造なのですが、本当にお水がびっくりするほどおいしくなります。

この水を、ティファールのケトルで沸かします。

マグカップ一杯分なら2分ほどで沸騰してくれて、勝手に止まる便利なもの。

この白湯で至福の一杯を楽しんだあとは、何も食べない時間を過ごします。

何も体に入れない時間を16時間以上とるプチ断食で、内臓脂肪が燃え出すのだそうです。

さらに、栄養が入ってこない状況が、オートファジーという、体内でタンパク質を作り直す作用が起こるので、アンチエイジングや免疫力向上にもよいのだとか。

プチ断食は、体のリセットに最適なのです。

我が家の夕食はちょっと遅くて、食べ終わりが22時頃になるので、ランチタイムは14時以降。

午前中、この空腹タイムを過ごすと、なんだか頭がクリアになったような気がして、考え事をするのに最高のパフォーマンスを得られるようになっている気がします。
まだ、二日目だけど。

たまらなく空腹を覚えた時には、

その空腹感を感じたいまこの瞬間、オートファジーが起こって細胞がどんどん入れ替わっ
ているんだ!

と思うようにしています。

昨日は、14時のランチタイムで天使の時間のオリジナル蒸しパンを2個、豆乳、バナナとみかんを1個、自家製のマーマレードクッキーを3枚いただきました。

【米粉のマーマレードクッキー ※カフェでは販売しておりません。】

【米粉のマーマレードクッキー ※カフェでは販売しておりません。】

16時間の空腹タイム後の食事は、いつもよりもさらにおいしい!

食べ物をありがたさが、舌にも体にも心にも染み渡ります。

そして、その食べ物がすべて、ちゃんとしたものであることが、なおうれしい。

夕食には、アボカドやオレンジも入ったボリューム満点のサラダと炒り豆腐のあんかけ丼(冒頭の写真のものです)、食後にはバーボンウィスキーとポテトチップスまで食べたのですが、今朝の体重測定では、-500gで68kgになっていました。

あれだけしっかりと食べて、体重も減って、体の細胞も生まれ変われる。

なんだかすごいですよね。プチ断食。

なにはともあれ、一週間続けてみようと思います。

関連記事

  1. 朝はいっぱいの白湯からスタート 30分のウォーキングと一杯の白湯で一週間の乱れをリセット
  2. ヴィーガンカフェ天使の時間の蒸しパンたち ヴィーガンカフェ天使の時間の自慢の蒸しパンをご紹介していきます!…
  3. 天使の蒸しパンスープセット ヴィーガンカフェ天使の時間の今年の抱負
  4. ヴィーガンカフェ天使の時間の蒸しパンたち 「牛骨粉は使っていませんか?」という、とてもうれしい質問をされた…
  5. ヴィーガンカフェ天使の時間のInstagram ヴィーガンカフェ天使の時間のInstagramからお店にお越しい…
  6. ヴィーガンカフェ天使の時間の「天使の米粉蒸しパン」 蒸しパン界にもグルテンフリーの波!天使の米粉蒸しパンをご紹介しま…
  7. 産経新聞の「代替肉」の記事を読んで、「代替肉」について改めて考え…
  8. 天使の時間の丸ごとみかん蒸しパン 冬のお楽しみ蒸しパン!丸ごとみかん蒸しパンをご紹介します!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP