ヴィーガンカフェ天使の時間の今年の抱負

天使の蒸しパンスープセット

新年、明けましておめでとうございます。

新しい年のはじめに、ヴィーガンカフェ天使の時間の今年の抱負、といいますか、これから進んでいく方向について書き留めておきます。

大阪府箕面市で、レンタルスペースをお借りして、月に二日間だけオープンする週末カフェというスタイルで天使の時間をスタートして、今年で10年目を迎えます。

卵や乳製品にアレルギーがある妻が、「自分でも行けるようなお店があれば、自分と同じような人が助かるはず」という思いもあって始めたカフェですが、おかげさまでアレルギーのあるお子様をお持ちの方や、ご自身がアレルギーの方に、少しずつですがお越しいただけるようになりました。

10年前にはほとんど知られていなかった「ヴィーガン」という言葉も、ここ数年、テレビや雑誌などで話題にされるようになりました。

しかし、ヴィーガンやアレルギーのある人が安心して入れるお店がどこにでもある、という状況にはほど遠いというのが現状です。

ヴィーガン専門のカフェやレストランが、ビジネスとして成功できるほどの需要はまだまだない、ということは、10年近くヴィーガンカフェをやってきた私たちですから、十分に分かっています。

それでも、ヴィーガン、アレルギー対応のカフェやレストランを増やしていきたい。

ということで、天使の時間がこれから進む方向が見えてきました。

①大阪府箕面市に月に二日間だけですが、ヴィーガン・アレルギーの人が安心して入れるカフェ「天使の時間」があることをもっと、ヴィーガンの人、アレルギーのある人たちにお伝えしていく。

②ビジネス的にフルタイムのヴィーガンカフェ・レストランを営業するのはビジネスとして難しいかもしれないが、私たちのようなスタイルならできる。全国のシェアキッチン、レンタルスペースを使えば、日数は少ないかもしれないけれど、ヴィーガン、アレルギーの人が安心して入れるカフェやレストランを増やしていけるはず。そんなスタイルでのヴィーガンカフェ、レストランを応援していく。

③ヴィーガンというライフスタイルにシフトする人は、SDGsという観点からみても絶対に増えていく。中長期的にはヴィーガンカフェ・レストランもビジネス的に成立するはず。だから、今から部分的にでもヴィーガンメニュー、アレルギー対応メニューを取り入れていこうと考えているカフェ、レストランを応援していく。

この3つを、これからの天使の時間のミッションとして、様々な活動をしていきます。

私たち、天使の時間の考え方に賛同いただける方がいらっしゃいましたら、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。
それを活動の励みとして、邁進してまいります!

関連記事

  1. 産経新聞の「代替肉」の記事を読んで、「代替肉」について改めて考え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP